山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47
うわー、ブナ回廊気持ち良..
by とーます at 15:21

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

糸岳、小東岳から本小屋へ

5月22日(土)
マロ7さんと二口の山へ行ってきました。
糸岳へは2年ぶり、小東岳は10年ぶりぐらいでしょうか。
以前二口峠から小東岳ピストンをした時にはアップダウンの連続でヘトヘトになった記憶があります。
本小屋へ私の車を置き、マロ7さんの車で白糸の滝登山口へ行ってスタートです。
e0137200_13563522.jpg

白糸の滝からすぐに息を継がせぬ急登の連続。樹間に仙台神室を見ながら臨潭(のぞき)へ着いて一休み。
三方倉山と日陰磐司。
e0137200_1494211.jpg

風の堂山、仙台神室、山形神室。
e0137200_14101670.jpg

ここからなだらかな道となり、カタクリや
e0137200_14152098.jpg

シャクナゲが咲き
e0137200_14154217.jpg

登山道の脇にはイワカガミが咲いています。
e0137200_14165772.jpg

タムシバやショウジョウバカマを見ながら糸岳到着。
西には朝日連峰の連なりが見えます。
e0137200_14233270.jpg

先週登った芝倉山方面。
e0137200_142452.jpg

とりあえず記念撮影。
e0137200_14244847.jpg

小東岳へ向かうと月山、葉山そして鳥海山が見えます。
e0137200_19896.jpg

ダウン・アップと繰り返し左側に甲岩が見えて来ました。ダースベイダーのヘルメットみたいにも見えます。
e0137200_14352358.jpg

そして歩いて行くと、風にしては不自然な笹の音。
最初熊かと思ったのですが、猿たちでした。
焦って撮ってピンボケですが判りますよね。
e0137200_14553445.jpg

少し歩いたらすぐ近くに1匹いました。気付くと同時に逃げてしまいましたが随分大きな猿でした。
樋の沢分岐から小東峠そして山頂へとキツイ登りが続いて小東岳到着。
e0137200_15121391.jpg

山頂から糸岳。
e0137200_15144775.jpg

そして大東岳。
e0137200_15152217.jpg

左の1216メートルピークに山名は有りませんが、なんとなく可哀そう。中東岳なんてどうでしょう。って安易だねー。
狭い山頂ではなく下りた小東峠で昼食休憩です。
ラッキーなことに、さっきまでうるさかった虫がこの時はいなくなり、虫に気を使わずにノンビリ出来ました。
e0137200_15193428.jpg

当初は二口峠へ行く予定でしたが、糸岳への登りに嫌気をさして樋の沢出会い経由で本小屋へ行くことに決定。分岐から左に折れて行きます。
沢沿いの道で、残雪を踏み抜かないように歩いて行くとここにも沢山花が咲いています。
カタクリとイチゲ。
e0137200_15253663.jpg

シラネアオイ。
e0137200_1526924.jpg

風も無いのにガサガサと音がします。また猿がいました。
この山は猿の山のようです。
沢筋から離れるとブナ林の中を気持ちよく歩けるようになります。
e0137200_15292790.jpg

そして樋の沢出合に着きました。
マロ7さん、沢越えジャンプ。
e0137200_1531759.jpg

ここで水を補給して(私は水割り用の水ね)本小屋を目指します。
これまでスパイク長靴で楽に歩いてきましたが、道に石が混じるようになってくると、足の裏が痛くなってきました。そろそろ登山靴の季節ですね。
豪快な梯子滝や咲き乱れているニリンソウなどを楽しんで本小屋到着です。
e0137200_15403421.jpg

コースタイム
8:30白糸の滝登山口-9:40臨潭-10:50糸岳-12:45小東岳-12:55小東峠昼食13:30-14:20樋の沢出合-16:15本小屋
e0137200_15451270.jpg

この地図は国土地理院発行の2万5千分の1地形図を使用しています。

久しぶりの小東岳は花にも猿にも出会えた面白い山でした。
樋の沢出合への道は初めてでしたが、ブナの白さと鮮やかな葉の緑に降り注ぐ光が見事で、気持ちよく歩けるところです。
車利用とは言え大周回が出来たのはマロ7さんのおかげです。ありがとうございました。
今度はまだ行っていない北石橋と、南面白山への縦走でしょうか。楽しみです。
by morino1200tb | 2010-05-23 16:20 | 10年登山 | Comments(18)
Commented by k4 at 2010-05-23 17:23 x
morinoさん、こんにちは。
プチ二口縦走でしたね。長時間の山行、お疲れさまでした。帰りの裏コース長かったんじゃないでしょうか。私も行ってみたいのですが、猿ですか~^^; 一人だと太刀打ちできないですね。あとハムステーキ風のものは一体…^^ いつも素敵な写真ですが、今回の傑作はマロさんの大ジャンプ写真ですね~^^ あと、1216ピークは大東から見ても大きくて、南面白山に行くときのネックの一つですね。
Commented by マス at 2010-05-23 19:10 x
そういう周回の仕方もあるんだな、と フムフムと思って読みました。
車が2台あると、らくちんに長く歩けていいものですねー。

あたしも、次こそは 樋の沢越えしたいです。
Commented by maro4070 at 2010-05-23 19:48
morinoさん
もう、アップしましたね。まだ、手つかずです。
念願の二口周回、2台あればいろんなコースがとれますね。
k4さんに大ジャンプといわれますと…こんどは大ジャポンかな。
今度は甲岩に注目ですな。
Commented by morino1200tb at 2010-05-23 20:08
K4さん 今晩は。
久しぶりの小東と裏コース、疲れました。特に裏コースはスパ長が辛かった。
裏コースは迂回路が出来ていたり、新しいクサリ場があったりと変わっていて驚きました。
フライパンはハムステーキです。ビニールパックにあらびきステーキって書いてました。ケチャップにカラシも持っていったのですが、味はもう一つかな?次回は違うの探して持って行きます。
1216メートルピークは地元では名前があるかもしれませんね。地図ではなぜ無名なのでしょう?
Commented by morino1200tb at 2010-05-23 20:11
マスさん 今晩は。
車2台だと1台では無理な縦走が楽しめますよ。
笹谷峠から面白山駅までの縦走は私には厳しいですね。でもマスさんなら出来そう。
樋の沢越えジャンプは誰でもOKですよ。
Commented by morino1200tb at 2010-05-23 20:17
マロ7さん お疲れ様でした。
久々のロングコースで後半疲れ(スパ長のため足裏痛い)ましたが、いろいろ面白い光景に出会えて満足です。
甲岩の下はもう歩けないコースみたいですね。
秋になったら北石橋行きましょうか。
Commented by ichigo at 2010-05-24 00:13 x
morinoさん、お久しぶりです。いつもブログを見てます。先週、糸岳に行って来ました。北石橋にも行きました。長いコースで初心者にはきつかったです。またどこかの山で偶然お会いできたらいいですね。
Commented by morino at 2010-05-24 12:30 x
ichigoさん ご無沙汰してました。
山を始めたばかりなのに、ずいぶんと歩かれたのではないでしょうか?
どこかで会えれば面白いですね。
また近況をお聞かせください。
Commented by taku-o at 2010-05-24 18:09 x
こんにちは。
二口は僕がフライフィッシングを覚えた川です。
いまで良く出かけておりますが、
あそこは特に春先、猿の群れに遭遇しますね。

遭遇といえば、先週、仲間が旗坂で熊の親子に遭いました。
思わず走って逃げてしまったようなのですが、
熊も立ち上がったそうですよ。危ないですね。

この数日前にも旗坂では熊を見た人がいるので、
皆さん気をつけましょう。
どちらもキャンプ場の沢向こうの林道上でなのですが、
縄張りになってるのでしょうね。
休日は結構人の往来もあるのに…。
Commented by SONE at 2010-05-24 20:21 x
1217m峰は猿鼻山と呼ばれていますよ。
糸岳から山王岳、小東岳、猿鼻山、南面白山とコンパクトな範囲に5座の山が並んでいます。
あと南面白山から南下縦走するなら車2台で一台を面白山駅、一台を山寺の所部地区に置くと楽に縦走できます。
天気に恵まれて最高の山日和でしたね。私は仕事で地団駄踏んでいましたよ。
Commented by morino at 2010-05-24 23:38 x
taku-oさん 今晩は。
フィッシングシーズンは雪解け水の流れる今が一番でしょうか。
山も同じで、残雪あり、花々ありのいい季節です。あっ、虫も出てきたけど。
この日は1人で船形にと思っていたのですが、マロ7さんの山行計画に乗っかったおかげで楽しい山となりました。船形へ行っていたら熊さんと遭っていたかもね。ブルブル。
そのうち久しぶりに山へご一緒したいですね。
Commented by morino at 2010-05-24 23:48 x
SONEさん 今晩は。
やっぱり猿ですか(笑)。
初めて大東岳へ行ったときにも猿と遭いましたよ。このエリアは猿のテリトリーですね。
小東峠下から山寺へ行く道は廃道のような感じでした。
マロ7さんと、「こういう道を歩くのはSONEさんや、みいらさんなんだろうな。」なんて話してましたよ。
二口峠からの道は歩けるんでしょうか。
SONE隊長の計画待ってます。(^^)
Commented by yossy1904 at 2010-05-25 00:50
山の緑が鮮やかになってきましたね。
土曜日はいい天気でだいぶ迷いましたが、畑に手をつけてなかったので農作業してました(と言っても、市民農園ですが)。
山はお休みしたのに筋肉痛です。
Commented by とーます at 2010-05-25 09:50 x
以前、糸岳~小東岳~南面白山と歩いたときに、名前のないピークの連続に苦しめられて、名のあるピークなら少しは救われるのにって思いました。
「中東岳」って看板建てちゃいましょう。(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ
Commented by morino1200tb at 2010-05-25 22:23
yossyさん 今晩は。
畑でなにを作っているのでしょう。これからの収穫が楽しみですね。
まだまだ高い山はタップリの雪なのでしょうが、新緑と花の気持ちの良い季節になってきました。夏山計画を楽しんでいるこの頃です。
Commented by morino1200tb at 2010-05-25 22:28
とーますさん 今晩は。
名前があった方が少しは達成感がありますよね。
SONEさんのコメントにあった通りちゃんと名前がありましたね。中東岳なんて名前じゃかえって可哀そうですよ。猿鼻山でよかった。
Commented by あおば at 2010-05-25 23:02 x
こんばんは。楽しみに拝見しております。皆さん文字通りの山男(女性)なんですね。私は小3の孫連れなものですから、山行きは限定されます。大きくなるのが楽しみです。それにしても山での食事は豪快ですね。大いに参考にさせていただきます。孫も山での食事が楽しみなんです。カップ麺もいいけど、飽きますね。またよろしくお願いします。訪問頂きありがとうございます。
Commented by morino at 2010-05-26 12:22 x
あおばさん こんにちは。
私は高所恐怖症の小心者ですから、山男・山女は他の人たちですよ。
昔は山頂で大宴会なんてこともありましたが、最近はつましいものです。
周りの景色を見ながら食べるとコンビニお握りも美味しく食べられますが、ちょっと工夫するともっと楽しくなりますね。