以東岳

9月6日(日)7日(月)は以東岳でした。
<1日目>
仙台から約2時間半で泡滝ダムへ到着。
駐車スペースには20台ほど停まっていました。
e0137200_2234221.jpg

歩き出すとツリフネソウ(写真)、キツリフネソウほかたくさんの花が道路脇に咲いています。
e0137200_22371749.jpg

吊橋を2ヵ所渡り、七曲りから登山道は斜度を増しますが、ダムから大鳥池までの間に何ヵ所も水場があり、
美味しい水が喉を潤してくれます。
吊橋を楽しそうに渡るmaronnさん。
e0137200_22461861.jpg

水場。
e0137200_22481954.jpg

途中スライドした釣り人から沢山のイワナを見せられました。七ツ滝沢橋で釣っている人もいました。
ここらはイワナ釣りのメッカなんですね。
ちょうどお昼に大鳥小屋へ到着。
e0137200_230984.jpg

昼食と水を補給して、幻の大魚タキタロウがいる大鳥池沿いに歩いて直登コースへ向かいます。
オッ、今水面に跳ねたのはタキタロウ?なんてことはありませんでしたよ。
e0137200_23112747.jpg

オニシオガマです。他にもチョウジャギクやトリカブトなどもありました。
e0137200_2320096.jpg

心配していた東沢は全く水が無く、楽に渡渉(水は無くても)していよいよ急坂登りの始まりです。
展望の取れない樹林帯の急坂をひたすら登り、もうすぐ草原と言うところで後を振り返ると・・・
ジャーン!見えました。熊の毛皮を広げた大鳥池です。今回の目的はこれ。これを見に来たのですよ。
e0137200_23302174.jpg

気持ちのいい草原をしばらく行くとようやく以東小屋が見えてきました。これで休めると一安心です。でもガスが出てきました。夕焼けはだめかなー?
e0137200_23343880.jpg

小屋には管理人はおらず、1階に群馬からの5人グループがいただけで、後は誰も来ませんでした。
2階は私ら2人の貸切。少し離れた水場(急坂で疲れます)へ行って今日と明日の分の水持って来たら、これの出番です。
e0137200_23415922.jpg

朝日はアサヒでカンパーイ!なんてね。そして焼肉パーティーの始まりなのでした。
しばらくして表を見るとガスが薄くなり、青い空とオレンジ色の見事なコントラストの夕焼けが見られました。
あまり期待していなかった分すごく嬉しいです。
e0137200_23542015.jpg

遠くには新潟の街でしょうか明かりが見えます(手持ちなのでブレてますシグマ18-200 OS無し)。
e0137200_23595188.jpg

<2日目>
待望の朝焼けです。以東岳山頂へ行けばもっと素晴しいのでしょうが、起きがけに登るのがツライ、ヘタレな私です。でも、これで満足。
e0137200_075256.jpg

朝食を済まして表へ出ると、鳥海山が美しいシルエットを見せていました。
e0137200_013958.jpg

さあ、オツボ峰経由で下山です。群馬のパーティーは先に出発。この日は大朝日まで行って泊まり、翌日朝日鉱泉からタクシーで泡滝まで戻るようです。
朝日を浴びるmaronnさんと以東小屋。いい天気です。
e0137200_0205519.jpg

以東岳山頂に着いて景色を楽しんでいたらガスってきました。オイオイ稜線の写真撮ってないよ。
山頂の三角点です。
e0137200_026193.jpg

ガスの切れるのを期待しながらゆっくりと歩いて行きます。
ガスの切れ間に大朝日への主稜線が見えました。
今度はここを歩きたいものです。狐穴小屋が見えます。
e0137200_0295347.jpg

大鳥池の水面に青空が写っています。
e0137200_0343568.jpg

ガスが又流れてきました。オッ、ブロッケンです。残念ながら短い時間だったので写真は撮れませんでしたが、初めての体験ですごく嬉しい(自慢できるぞ)。

この山頂から三角峰過ぎまでの稜線は花がイッパイでした。
ウメバチソウ。
e0137200_0385690.jpg

オヤマリンドウ。
e0137200_0432221.jpg

コゴメグサ。
e0137200_0445957.jpg

イワショウブの実。
e0137200_145111.jpg

ツガザクラ。
e0137200_0515336.jpg

ミヤマリンドウ。
e0137200_10267.jpg

ハクサンイチゲ。
e0137200_0535380.jpg

マツムシソウ。
e0137200_0544387.jpg

このほかチングルマやニッコウキスゲも少し咲いていました。
お花畑と化穴山。
e0137200_13912.jpg

三角峰へ向かう稜線。
e0137200_2212077.jpg

樹林帯に入り急坂を下って大鳥小屋へ着き、軽く食事をして泡滝ダムへ向かいます。
七曲あたりで、葉が茶色になっている木が多いのが見えて気になりました。、ウエツキブナハムシのせいなのでしょうか。
e0137200_113845.jpg

大鳥小屋泊まりの登山者と何度かスライドしながら泡滝ダムへ到着です。あぁ疲れた(面白かったけどね)。
e0137200_1214910.jpg


コースタイム
<1日目>
9:15泡滝ダム-10:45七ツ滝沢橋-12:00大鳥小屋12:25-12:55東沢渡渉点-15:30以東小屋
<2日目>
6:30以東小屋-6:40以東岳山頂-8:30オツボ峰-10:35大鳥小屋11:20-12:20七ツ滝沢橋-13:50泡滝ダム

この後、「かたくり温泉ぼんぼ」で汗を落として無事帰宅。今度はどこへ行こうかな。
Commented by akanezumi1984 at 2009-09-11 09:56
わー、いいですねぇ。今年は7月初めに古寺~大朝日日帰りピストンだけ。夏場行かなかったので、マツムシソウ見ていません。まだ咲いているんですね。
ヒナザクラとあるのは、コゴメグサでは?ミヤマコゴメグサ?
Commented by morino1200tb at 2009-09-11 12:50
akanezumiさん こんにちは。
マツムシソウだけではなく、いろいろな花がたくさん咲いていました。
初めての山でしたが、こんなに咲いているのは予想外で、とてもうれしい山行になりました。
コゴメグサ修正しましたよ。ありがとうございました。
もう少ししたらakanezumiさんのフィールド月山の紅葉を見に行こうと思っています。
Commented by マロ7 at 2009-09-12 07:36 x
やっぱり、大鳥でしたね。
ここはまだ未踏ですが、おっ、時間的にいい配分ですね。メモメモ(^.^)イワショウブの実が青空に映えていましたね。
花々もまだまだ健在はいがったね(^○^)
Commented by miyagi1305 at 2009-09-12 09:20
morinoさん朝日に気いられましたね。
2回ともお天気がよくて展望もお花もなんてなんてラッキーなんでしょう。
お花は背景のぼかしがうまく入って、やっぱり一眼は違いますね。
ミヤマリンドウの2色いがなにか別の花のようでこれもいいです。

Commented by maronn at 2009-09-12 13:25 x
奥深い山で以東岳の登山口(直登口)までホントに長かった。
言葉も出ない、汗はポタリポタリ、足はヨタリヨタリ、鼻水ズズー、
スライド者に「お嬢さん頑張って!」に喜びも湧かず・・トホホな3時間。
翌日は稜線に続く遥か彼方の大朝日と、それより間近に見える鳥海を目の端に入れ、足元の花々に乱舞したいほど軽快な下山だった。
念願だった大きな熊も見られたし、焼肉も旨かった。
これからも人生のゴールデンタイム(?)を謳歌しよう!!
食料・運転ありがとう!謝謝!
Commented by morino1200tb at 2009-09-12 22:23
マロ7さん 今晩は。
大鳥池はピンポーンでしたね。まだ登っていないのに分かるとはさすがです。
以東岳山頂からオツボ峰まではガスが切れるのを待って周りの山並や稜線の素晴しさを眺めていたり、周囲の花々を愛でたりと、超ノンビリ歩きでしたので、下山のコースタイムは1時間は短縮になります。
以東小屋よりも大鳥小屋泊まりが多いようでした。
Commented by morino1200tb at 2009-09-12 22:36
ebiyanさん今晩は。
本当に2回ともパーフェクトでした。
こんなことはめったに無いのでしょうけど、こんなことが続くと病み付きになりそうです。
夕焼けや朝焼け、雄大な稜線や可愛い花などを見ると、ザックの重さ以上の幸せを感じます。
Commented by morino1200tb at 2009-09-12 22:41
maronnさん 重いザックでお疲れ様でした。
展望の無い直登コースは辛かったですね。でも小屋はガラガラ、ガスも取れての夕焼け、朝焼け、稜線の花々・・・良かったですね。
さあ、次は紅葉が待ってますよ。どこに行きましょうね。
Commented by とーます at 2009-09-14 09:57 x
大鳥池はほんとうにクマの毛皮みたいで面白いですね。
だれが発見したんだろ?
どの写真も素敵ですが、個人的に鳥海のシルエットの写真がつぼにはまりました。
Commented by morino1200tb at 2009-09-15 22:24
とーますさん 今晩は。
ガイドブックでは見ていましたが、まさに熊の毛皮でした。たぶんマタギの人たちが発見したのでしょうね。
急坂登りで息が上がっていましたが、池を見て「やったー!」と言う感じでしたよ。
by morino1200tb | 2009-09-11 01:36 | 09年登山 | Comments(10)

山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb