山歩きと好きな音楽などのお気楽日記です。


by morino1200tb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
17年登山
16年登山
15年登山
14年登山
13年登山
12年登山
11年登山
10年登山
09年登山
08年登山
07年登山
山関係
音楽関連
あれこれ
震災
特別版

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

お気に入りブログ

お山遊び
点描2
ebiyanの南東北 山...
ソロで生きる
バリ太郎とゴロゴロ
マロのページⅡ
Estrellas y ...
Mountain Rose
船形山からブナの便り(ブ...

リンク

最新のコメント

宣伝じゃないですが、やは..
by SONE at 22:56
lc4advさん 今晩は..
by morino1200tb at 22:13
腰は微妙ですからね~。注..
by lc4adv at 19:50
utinopetika2..
by morino1200tb at 21:47
休みですと、安息日でもジ..
by utinopetika2 at 20:33
シゲちゃん お疲れ様でし..
by morino1200tb at 19:15
雪山ブナ回廊天気良くて ..
by sige at 08:22
SONEさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:48
とーますさん 今晩は。 ..
by morino1200tb at 21:40
天気の良い三連休は写真展..
by SONE at 18:47

記事ランキング

ブログジャンル

登山

画像一覧

検索

ファン

最新のトラックバック

石跳川から月山周回(平成..
from HITOIKI Blog

二ツ箭山

5月9日(土)
いわきの名峰「二ツ箭山」へ先週に引き続きmaronnさんと行ってきました。
仙台からは遠いのですがETC1,000円のおかげで遠征できました。
ちょっと道に迷いながらも(naviなし)トイレのある立派な駐車場に着くと10台以上の車が停まっていました。
e0137200_2215148.jpg

歩き始めて少しすると沢コースと尾根コースの分岐に出ます。左側の尾根コースを登ります。
e0137200_22211277.jpg

杉の植林帯の中を渡渉しながら沢沿いに行くと沢コースと合わさります。
e0137200_22245840.jpg

ここから少し登ると〆張場。ここが一般コースと沢コースの分岐です。
e0137200_22324585.jpg

一般コースを選びましたが、ここから急坂で大きな岩も目に着くようになり、滑りやすい一枚岩の鎖場もあります。この山の名物「30メートルの鎖場」の予行演習に最適(?)です。
e0137200_22555043.jpg

汗をかきかき急坂を登ると尾根へ出て一息つくことができました。この急坂は結構きついですね。
その先にまた分岐。岩場コースを選びましたが難しいことも無く、また一般コースと合わさりました。
一般コースを行ってすぐにこの山のハイライト「30メートルの鎖場」です。
e0137200_236437.jpg

こともなげに登るmaronnさん。
e0137200_2381674.jpg

ここは結構手がかりがあるので、あまり鎖、ロープに頼らずに登れました。でも降りる時は辛いかも知れませんね。
実はここよりも大変だったのはこの後の男体山でした。
高さはたいしたことが無いのですが、ほぼ垂直で手がかり足がかりが少なく、ちょっとチムニー状の岩場を必死になって登りました。山頂には誰もおらず独り(二人)占めです。
苦労して登ったごほうびが素晴しい景色です。残念ながら遠くは霞んで見えませんでしたが、太平洋、いわき市街、近くの山並みが見渡せました。
山頂のmaronnさん。
e0137200_19273517.jpg

隣りの女体山。
e0137200_23241239.jpg

降りるときも一苦労です。慎重に降りるmaronnさん。
e0137200_23311941.jpg

女体山には沢山の人で賑わっていました。でも男体山には行かないようです。
女体山から男体山。
e0137200_2338472.jpg

女体山を後にして二ツ箭山の山頂へ行きましたが、展望も無く屹兎屋山や猫鳴山への縦走路の通過点ともいえる寂しい山頂でした。
e0137200_2356745.jpg

月山で男体山・女体山を見ながら昼食です。
e0137200_23592284.jpg

ここで日立から来た方と少し話をして、月山新道を辿って下山です。
今回は名前のわからない小さな花が少しと、終わりがけのアカヤシオとシロヤシオがこれから、といった感じであまり花には恵まれませんでした。
e0137200_06267.jpg

e0137200_07839.jpg

下山して駐車場に着くと、ア〇〇ーズトラベルの東京のバスが来ていました。首都圏でも人気がある山なんですね(剣の予行演習?)。

コースタイム
9:30駐車場―10:10〆張場―10:45鎖場下部―10:55鞍部―11:00男体山―11:15女体山―11:50二ツ箭山―12:05月山12:40―13:25駐車場

遠くてなかなか行けなかった二ツ箭山でしたが、思った以上に急坂があり鎖場も楽しめた素晴しい山でした。額取山に続いての1,000m未満の山となりましたが、山は高さじゃありませんね。満足の山行でした。
朝起きたら腕の筋肉が痛い。鍛えねば。
by morino1200tb | 2009-05-11 00:27 | 09年登山 | Comments(6)
Commented by maronn at 2009-05-13 00:06 x
筋肉痛や痣を作った山行でしたが、日にちが経って面白い山だったと思えます。
少しは恐怖も味わい剣や槍に登れそうな自信もつきました。
始めてお目にかかった白い小さな可愛い花「オトコヨウゾメ」だって、写真はなかったけど面白い名前だよね。
「男用済み」では決してありませんから・・・(笑)また愉しい山へ行きましょう!!
帰りの道の駅(野馬追い)で買った魚で美味しい夕餉でほろ酔いでした。
Commented by スズ7 at 2009-05-13 06:18 x
面白い山に、オトコヨウズミの面白い名前の一つがありましたか。
ガマズミと同じ仲間だそうですね。
二ツ箭山、今年も行きはぐってしまいましたね。
山頂のmaronnさんのバンザイ、ウワァ、ブルブルだね。
画像を見て満足(^。^)
Commented by morino1200tb at 2009-05-13 09:06
maronnさん お疲れ様でした。
変化に富んでいて、登山コースもいろいろある楽しい山でしたね。
オトコヨウズミ…女体山のほうが高くて人気もありましたから納得です。
道の駅南相馬「野馬追の里」は安くて美味しい物がイッパイ。こんな楽しみも山登りのおかげですね。
Commented by morino1200tb at 2009-05-13 09:18
スズ7さん おはようございます。
男体山の上では私の方がブルブルで、maronnさんは平気の平左でした。
高所恐怖症って治るんでしょうかねえ?
Commented by yossy1904 at 2009-05-13 20:47
いわき方面はなかなか足が向きませんが、いい山があるんですねー。
特に岩場の写真を見ると、山の価値は高さでは無いと実感します。
Commented by morino1200tb at 2009-05-13 23:20
yossyさん 今晩は。
ETCのおかげで今まで躊躇していた“どうしようかな”の山へ行くようになりました。やはり登れば山は楽しいですね。